ダイエット中、夜にお腹が空かないようにする方法

POINT

有酸素運動や無酸素運動をする

寝る6時間程度前に運動をする

ギムネマサプリを摂る

BOOCSダイエットを取り入れる

空腹を感じないようにするには血糖値を上げる

「お腹すいた~」と呟くことはありませんか

空腹は、食事を取るか運動する方法で血糖値を上昇させ抑えることが出来ます。

ダイエットでは、カロリー制限をしている方が多く夜の空腹に悩まされていると思います。

「お腹がすいて眠れな~い」

そうなる前に有酸素運動か無酸素運動をすると空腹は無くなります。

いつ、運動すればいいのか?

寝る直前に運動すると交感神経が興奮して眠れません。

しかも、運動で分解された脂肪は、消費されないと脂肪に戻ってしまいます。

脂肪を分解したエネルギーは日常動作で消費されますので、寝る6時間前に運動する

ことで脂肪を分解したエネルギーを余すことなく消費できると思います。

さらに、体に脂肪を分解したエネルギーが充満していると疲れが感じられず

エネルギッシュに夕方からも活動できます。

運動が出来ない方にギムネマサプリ

夜の運動は良いこと尽くめなんですが、

「運動したくない」

「夜に運動する時間が無い」

そんな方にギムネマサプリがおすすめです。

ギムネマはインドで糖尿病の治療薬として現在でも使用されて血糖値上昇の抑制や

脂肪蓄積の抑制をしてくれます。

私も、愛用しているサプリですが空腹による苦痛を感じにくくなります。

だから、寝る前に何か食べなくても空腹をやり過ごせます。

ダイエットにBOOCSダイエットを取り入れてみる

「夜は、がっつり食べたい」

空腹にはご飯が一番正解ですが、体形維持や

そんな方にはBOOCSダイエットがおすすめです。

BOOCSダイエットとは1日1快食のダイエット法でストレスを溜め込まないダイエット方法です。

夕食に好きなものを満足するまで食べます。

しかし、朝は水分中心の食事にし昼は和食中心の食事にします。

詳しくはBOOCSダイエットの記事を投稿してますのでそちらをご覧ください。

ストレス無くダイエットするならBOOCSダイエットはおすすめです。

関連記事もご覧ください。

SUMMARY

朝と昼にお腹がすきにくいのは交感神経の作用で脂肪を分解して

エネルギーを作り出してくれるからです。

仕事やスポーツをしている方は、アドレナリンの働きで脂肪を分解してエネルギーに

することを促進してくれエネルギーが豊富でお腹が空きにくいのです。

忙しい時ほどお腹が空かない経験はありませんか?

逆に夜は、アドレナリンの分泌を促す興奮する状況が無ければ空腹を感じませんか?

アドレナリンは無酸素運動の筋トレをすることで時間帯に関係なく分泌されます。

ダイエットで夜のカロリーを減らすことは大事ですが、ダイエットは継続性が大事です。

ストレスなく夜の過食をコントロール出来ればダイエットは成功できます。

コメント